2018/02/27 13:54



冷えは万病の元。


女性は、子宮を冷やさないことが何よりも大切です。


子宮が冷えると、子宮周りの血流が悪くなり、生理痛やホルモンバランスの低下を引き起こします。


生理痛でつらいだけでなく、ホルモンバランスが崩れることで肌荒れを引き起こしたり、精神的なバランスも悪くなります。


子宮の冷えは、腸や下半身も冷やし、慢性的な便秘や足のむくみへとつながります。


体の代謝も落ちますから太りやすい体質にもなってしまいます。


そして、それでもまだ冷え対策をしないでいると・・・子宮の病気や、不妊の原因にもなってきます。



子宮の冷え対策としてオススメしたいのが、使い捨てナプキンをやめること。


実は、使い捨てナプキンに含まれている「経血を固める成分」が、冷えを引き起こすと言われています。


使い捨てナプキンの中には、血液を固める高分子ポリマーというものが入っています。


これ実は、冷えピタなどと同じ成分なのです!


実は、使い捨てナプキンは、経血を吸収すると同時に、子宮の熱も奪っているのです。



皆さんは、「経皮毒」という言葉を知っていますか?


有害な化学成分などが、皮膚を通して体内に吸収されることをいいます。


実は、使い捨てナプキンに含まれる化学物質は、粘膜を通して、体内に取り込まれます。


もしかしたら、ナプキンを使い続けるほど、子宮には有害物質が取り込まれ、蓄積され続けてしまうかもしれないのです。



布ナプキンは子宮を温めてくれますので、血行がよくなり、ホルモンバランスも整ってきます。


下半身の冷えも解消され、代謝も上がってきます。


こうして体の諸症状は改善していくのですが、それだけでなく、実は心も上向きになっていくのです。



下半身の冷えをとり、体が芯から温まると、心の状態も上向きになっていきます。


イライラ、クヨクヨすることがなくなり、ゆったりとした気持ちで、自分を大切に生きることができるようになってきます。



生理は、最高のデトックスタイムです。


自分の体をいたわり、月に一度のデトックスタイムを気持ちよく過ごしてみませんか?













ぬのなっぷん

冷えとり本舗の布ナプキン「ぬのなっぷん」。 今治タオルで有名な愛媛県今治産のオーガニックコットンパイル生地を贅沢に使った、温かくて体に優しい布ナプキンです。

© being with all